読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ太

タイトルはコロコロ変えていくスタイル

女性声優ドラフト 指名予想をしてみたら挫折した

あにめのこと

こんばんは。シルバーウィークも折り返しですね。職場によっては今週出勤しない人もいるそうです。うらやましい。

ところで、とあるフォロワーさんが女性声優ドラフトというマッポーな行事を行っています。今年で早くも3年目だそうです。プロ野球よりちょっと早く来週に指名会議が実施されるそうですが、一足早く指名予想をしてみました(そして挫折しました)。

留意点

実際に視聴したアニメが少ないので、かなり調査不足のままいってしまった感がある。

ちなみに、指名権獲得したからといって当たりくじにサインして本人に渡せるとか自分のチームに加えられるとか、そういうのはないです。特に戦力も上がりません。

手っ取り早く、指名候補から

分かりやすく結論から書きます。

1位 白石晴香 ヒラタオフィス
2位 藤原夏海 アーツビジョン
3位 森永千才 シグマ・セブンe
4位 富田美憂 アミューズ
5位 金澤まい アクセント
育1位 湯浅かえで アクロスエンタテインメント
育2位 小宮有紗 ボックスコーポレーション

とりあえず、支配下(?)5名+育成2名で指名しました。

指名の理由

1位の白石晴香さんは、最初に出会ったのが「うまるちゃん」のきりえちゃんでした。EDでの歌声を聞いて綺麗なアルトボイスだなと思っていましたが、今回「あんハピ」で(2つ目とも言える)主演となったので1位指名としました。声優ドラフトの規約上きりえちゃんを主演扱いとするならば指名できなくなってしまうらしいので、それだけが不安です。

2位の藤原夏海さんは「少年メイド」で小宮千尋くんを演じました。演じるってのは自分以外の他者になることであって、自分と演じる対象の属性の差が大きいほど難易度が挙がるわけです(例えば私ならゾウリムシより高校生を演じるほうが容易いでしょう)。そんな中で藤原夏海さんは性別を超えた小宮千尋という役を見事に演じきったと思います。ショタ役でいうところの一大トップである斎賀みつきさんとも関わることがあったでしょうから得るものもあった?と勝手に想像しています。

4位の富田美憂さんは詳しくは知らないんです…。が、アイカツで主役を取っていることとビジュアルでの指名です。プリキュアアイカツなどの女児向けアニメに出るってことはパフォーマンスに対する一種のお墨付きのようなものだと勝手に思っています。

森永千才さん(3位/庶民サンプル/神領可憐)、金澤まい(5位三者三葉/小田切双葉)さんはそれぞれ個性的な声を持っていると感じました。変則左腕が一定の需要があるように、こういった声だとか役柄にも当然需要はあると考えます。

育成指名ですが、1位の湯浅かえでさんは最近パワプロのニコ生に出てましたし、ニンジャスレイヤーのニコ生にも出演されていました。じわじわと知名度が上がってきている?のではと思いました。2位の小宮有紗さんは話題のラブライブサンシャインからです。同作品からは他にも何名か指名される気がします(既に2人指名済という)。彼女は「ゴーバスターズ」で顔出しで出演していたのは有名ですが、特撮作品にはアフレコもあるので、経験といった意味ではアドバンテージがあるかもしれません。奇しくもM・A・Oさんと同じスーパー戦隊のイエロー出身ですね。

泣く泣く候補から外した方たち

村中知さんはWikipediaを見て主演級が多すぎるかなぁ…と思った。ナレーションもこなす実力派であると思います(指名するなら上位)。上田麗奈さん、安野希世乃さんは2015年秋以前に主演作ありとみなし除外。和氣あず未さん、朝井彩加さんは指名済。

他の候補としては貴重な帰宅部声優千本木彩花さん、あんハピより山村響さん、ラッシャイから小林愛香さん。あとは帰宅部声優で養成所からアーツビジョンに所属と着実にステップアップした相内沙英さんなどを挙げていました。

候補として挙げたのが10人ほどで、もし自分が指名するとしたら他の方の指名次第ではドラフト本番中に候補を探すはめになるなぁ…と自省した。場合によっちゃ戦略が破綻しているわけで、調査がまだまだ足りないなぁと思った次第です。