こじらせ太

タイトルはコロコロ変えていくスタイル

おまたせ!GWはソープレポの時間だよ!

このブログをいつも読んでくださっている皆様、いつもありがとうございます。おかげさまでブログも半年を迎えられそうです。始めた当初は「書くネタあんのか?」「続くのか?」と悩んだり、仕事のことで悩みすぎて病んでしまったりと色々ありました。
たまーにエントリに☆つけてくれてる方、ありがとうございます。承認欲求で動いているので、やっぱり励みになります。

今回は大事なお知らせがありますので、この場を借りて書きたいと思います。

このたび、私「しゃおは」は…

ソープに行きましたー!
(※半年ぶり2回目)

イエーイ!!と喜びたいところですが、今回のお風呂体験は個人的に考えさせられるものとなりました。経緯を含めてレポートとしてここに書き残し、今後入浴せんとする諸兄の参考にしていただければと思います。

動機と経緯

まぁ昨年末くらいからけっこう行きたかったんですけどね。

ただ、「寒いからいいや!」→「ということは暖かくなったら行くということだな」と自分の中で勝手に解釈してました。

更にここ最近の心情を鑑みると、仕事で次の現場が決まりそうではあるんですけど、まぁ前科がありましたので、色々と不安があったんですね。「俺できるのかな?」というか。「性欲を満たす」という風俗店の第一義的な動機に加えて、そういった「心の隙間を埋めたい」という意識があったのは認めざるを得ません。

Let's get ready to rumble!!

予約の経緯とかは省略します。初めてではないので。ちなみに半年前の初参戦時と同じ娘を指名しました。なんとなく話していて楽しかったしサービスも良かったので。

女の子と対面早々、「あれ?髪の色変えた?」「そうー。3週間くらい前に変えたんだけど、お客さんに気づいてもらったの初めて!」と私のFINE PLAYが炸裂します。男子力が満ち溢れてきます。おそらく「いいオトコポイント」が20ポイントくらい上昇して-2147483628ポイントになりました。ありがとうございます。

服を脱ぎながら世間話しているとあることを思い出しました。「そういえば前回『3回フィニッシュできるかもね』って言われたな…」「よっしゃやってみっか!!!」これが浅はかな判断だったと思います。調子に乗りすぎました。普段は自信の無さから自らのスキルやキャパを過小評価したスケジューリングを行い、見立てよりあまりにも速く終わってヒンシュクを買うことが多かったのに。詳しくはこの後。

コツイベントの発生、そして転機

その後はまぁベッド上でよくあるようなプレイをやって本番、ということになりました。互いに腰を動かしながらの騎乗位だったんですけど、何故かこの年齢にして本番中にフィニッシュまで持っていくコツをたまたま会得してしまい、「これはイケる!」とそのまま腰を動かし続けて発射まで持って行きました。

イッた瞬間はすごく気持ちが良かったのですが、身体に異変が起きました。

身体が、重い。

なぜだ。

いわゆる賢者タイムにしては、あまりにも鈍重な何かが身体の中に流れてこんできたような感覚に見舞われました。女の子の裸を見ると「あれ?今からこの娘とヤるの?」と変に冷静になってしまっていました。マットの準備をしていた女の子から「さっきぐったりしてたよ~大丈夫?」と心配される始末でしたが、身体を洗ってくれたり、潜望鏡してくれたり、マットプレイをしているうちに下半身は復活してきました。よかった、EDにはなっていないみたいだ。

ちなみにこのくだりで「乳首弱いでしょ~ビクビクしてたよ」と見事に看破されました。おかしいな、前回でバレてるだろくらいに思ってたんだけど。ちなみにサービス前のリクエストアンケートで自分はMだと事前申告済みですので、当然そこを重点的に攻めてくるわけです。乳首やら竿とかタマとか尻のあたりをグチュグチュ触られて声にならない叫びをあげておりました。声を出さないで我慢するのは苦手なのです。

下半身が準備完了と見るや、2回戦の本番に移行します。弱いところを重点的にやられて、かつ射精(リリース)◯のコツを獲得した自分にとって、もはやフィニッシュは造作も無いことのように感じられました。10分位の出し入れの末に第2試合終了を迎えました。やっぱり身体がなんか重い。

少し張り切りすぎてしまったのだろうか??この時はその程度の認識でした。

アスピル

サービス終了後、送迎の車に乗って某駅へ到着。これでお風呂イベントは完走ということになります。身体の異変は疑惑から確信へとシフトチェンジしていました。

頭が痛い。

風邪を移されたのだろうか?と思いましたけど、そうでもなさそう。リクエストで「キスが好き」と書いたのでやたらめったらディープキスしてたのですが、キスってけっこう体力を使う(実際カロリーも消費するらしい)んですね…。軽く脳が酸欠状態になってのかもしれません。

そして異常なまでの空腹感に襲われました。あの娘、もしかしたらFF2最強魔法にも挙がるアスピル*1でも使ってたんじゃないでしょうか?(ちなみに残りはトード*2、ブリンク*3、バーサク*4だと考えてます)

このままでは死ぬ!」と考えた結果、ドトールでケーキセット完食。その後も「帰宅まで持たない」と、ケーキから1時間後に餃子の王将をキメる始末でした。後で調べて分かったのですが、頭痛+空腹って低血糖の症状らしい*5ですね…。どか食いして血糖値を急激に上げるのは臓器には良くなかったかもしれません。

あと体を動かすわけなんで、事前に食事をしっかり取って栄養を蓄えてくおくのも肝要かもしれません。ただニオイの強いものは避けたほうが良さそうですね(自分はマックでしたけどけっこうギリギリだった気がしてきた お茶などを飲んで匂いを消すよう努めましたが)。

反省点と次回への展望

確かに癒やされはしました。が、あまりにもガッつきすぎて独りよがりになってしまったかと思います。いわゆる「きみはセックスしたいの?射精したいの?」という問いに窮してしまう状況です。もうちょっとゆっくりしてもよかったんだろうなぁっていう。当初の動機に「不安を拭う」というのが挙げられましたが、ゼロとは言えないながらも頭のなかから抜けてしまってましたね。

あとは、こちら側が責めるときに若干持て余してしまったのも挙げられます。これは童貞力がまだまだ健在であることを示すエビデンスであり、決して悪いことではないのだと前向きにとらえることとしました。

そしてなんといっても、フィニッシュ後の身体の重さ。体力が落ちたというのもあるのでしょうが、やはり猿みたいにシコって射精しまくるような年齢ではなくなってきたのかもなと痛感しました。正直いまだ身体の重さを感じますし、賢者タイムが長いこと続いてるような気がします。勃起もまだするし、性欲自体が無くなったわけではないと思うんですが…。
ただ、サービスとか相手してくれた娘には大いに満足しています。決して「指名したらディエゴ・コスタが出てきた*6」ような事態ではないので。

金銭面からしばらくお風呂からは他界しますが、もし次の機会があるとするならば、射精の回数にはこだわらずに射精の質にこだわっていきたいなと勝手に目標を立てました。まぁ1時間ちょいという時間制限がある以上、早く射精へ持っていきたいというインセンティブが働くのは致し方無いんですけどね。あーあ、時間気にせずセックスしてぇなぁ。

以上、参考となればこの上ない幸いです。

↓どうでもいい注釈を書きました(やってみたかった)

*1:相手のMPを吸収する。アンデッド系を除けばボスでも効く。レベル8くらいまで上げればラスボスも脳筋になる

*2:対象をカエルに変える。敵キャラならば即死させる。リメイク版FF2は特に成功率が高い

*3:回避率を上げる。FF2は回避率ゲーなので一気にヌルゲと化す

*4:攻撃力がバカみたいに挙がる。バーサク後にエクスカリバーやマサムネでボコるのが終盤の手っ取り早い攻略だったりする

*5:http://all-about-headache.com/hungry/ より。

*6:フォロワー談。その他ラベッシボアテングなどマスターリーグ並のソープ嬢の情報あり